私の好きな本紹介2

お久しぶりの企画コーナーです。

気づけば企画コーナーを立ち上げてから約1年が経過しておりました。

その1年に更新した企画記事はなんと2つ。。。

我ながら情けない(笑)

 

著:あきづき空太
「赤髪の白雪姫」白泉社 少女漫画

  • ISBN: 978-4-592-18373-0(1巻のISBNです)

 

2016年10月24日現在 16巻まで刊行済み 以下続刊

 

生まれつき珍しい赤髪をもつ白雪という名の少女の物語。

なんと良くない噂のたえぬタンバルン第一王子に見初められてしまい、

困った白雪はお隣の国クラリネスへ向かいます。

そこで出会ったのはゼンと名乗る少年でしたが・・・?!

 

・・・的な感じな第一話です。

この人の線の書き方がとてつもなく好きです。個人的大ヒットです。

昨年の7月期にアニメ1期、今年の1月期にアニメ2期が放映されました。

声優陣も超豪華キャストです。

 

主人公白雪の芯の強さにとても憧れますね。

甘々少女漫画と思ったら大間違いですよ!!(もちろん甘々もありますけどね!)

大冒険!!すごく楽しいッス!!

著者さんはほかに読み切り一冊と、小連載(?)2冊を出してます。

女の子を「THE女の子」と描くよりは、

男の子を描くのが上手な人の印象です。

 

騙されたと思って是非ご覧あれ!


私の好きな本紹介1

久しぶりの企画カテゴリーです。
今回は本について紹介しようと思います。

著:小野不由美 十二国記シリーズ
風の万里 黎明の空」上下巻 新潮文庫
  • ISBN-10: 4101240566(こちらは上巻の番号です)
  • ISBN-13: 978-4101240565(こちらは上巻の番号です)

十二国記シリーズとしては、途中の物語になります。

十二国記シリーズとは、
日本を蓬莱とよぶ世界での物語で、世界観は中国に似ています。
そのためとても難しい漢字が頻繁にでてくるので、敬遠されるかたも結構いるかと^^;
本来ミステリー作家である著者の初挑戦ファンタジー作品です。
これはとても有名で、アニメ化(今でいうEテレでの放映)もされましたし、
ISBN番号を調べるために検索したところ、どうやらコミック版もでているようです。

十二国記シリーズの主人公そのものは、
慶国の女王、陽子ですが、
シリーズ12巻(たぶん)すべてのなかで、陽子が軸となるものは、
4冊しかないです。
しかし残りの8冊は、別の国の別の人物の物語であり、
どれもファンの心を鷲掴みにしています。
本作は、陽子主人公の3・4巻にあたります。
今年こそは新作がでる、と期待されていますが、
著者がなかなかシリーズ作品を書いてくれないので、
只今とても待ち遠しく思っているところです。(笑)

あらすじを読み、気になった方は是非読んでみてくださいね。
因みにシリーズ最初の本はこちら↓

月の影 影の海」上下巻 主人公:陽子
  • ISBN-10: 4101240523(こちらは上巻の番号です)
  • ISBN-13: 978-4101240527(こちらは上巻の番号です)

私の好きな料理店紹介1

さてさて、記念すべき企画カテゴリー第一弾です。
素人のレポートなので写真は載せていきませんことをご了承ください。

今回は私の好きな料理店をご紹介しようと思います。
料理店のお勧めは、その殆どが、東京都内の吉祥寺付近にあるお店になります。
是非吉祥寺へ行く際は足を運んでみてくださいね☆

紅茶専門店:Gclef
公式:http://www.gclef.co.jp/ 食べログ掲載あり、東京・Gclefで検索!

私と仲良くなると避けては通れないこのお店(笑)
私が、確か大学生の時に初めてお邪魔したお店だったと思います。
昔から私はコーヒーが苦手で匂いも駄目なのですが、ジュース系も飲めないので、
やむを得ずなんでもいいから紅茶を飲んでいました。
たまたま何かで見かけて?ふらっと立ち寄ったお店です。
最初は、おー、紅茶専門店なんてすごい!さすが吉祥寺!とか思ってましたが、
この歳になって、やっと自分の好みの紅茶がわかってくるようになりました。
ティーサロンジークレフさんは、初めてお邪魔した夏に店員さんとお話しした時は、
この春にオープンしたんですよ、って聞いた気がします。

初めて都内に引っ越してきたとき、私は高円寺に住んだのですが、
そこにもまさかの姉妹店である高円寺店がありました。
そこは、友人が見つけてきてくれて、
「そういえばKANAって紅茶すきだよね?紅茶専門店あるらしいからいこうよ」
的なノリで初めてお邪魔したのを覚えています。
高円寺店は、茶葉売り場と喫茶店が併設されていたのと、
お店の雰囲気がまったく違ったので、
最初暫くはティーサロンのほうと姉妹店だなんて考えてもみませんでしたが、
なにかのタイミングで姉妹店ということが発覚。
以降、店員さんとよく喋るようになり、吉祥寺店の茶葉売り場を教えていただいたりしました。

今でも一人でだったり、友人とともにだったり、夫と待ち合わせたりと、
なんだかんだで最低でも月1はティーサロンさんにお邪魔しますね。
独身時代からなので、だいぶながいお付き合いのある喫茶店さんです。

メニューはとっても豊富。
最初は確実に迷うと思うので、是非店員さんにお勧めを訊いてみてください。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ROについて
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM